浜松で仏壇を購入する時に気を付けたいこと

仏壇はなくなった人の位牌や先祖の位牌を納めてまつるところです。これは命日かお盆あるいはお彼岸などに購入するものとされていましたが、浜松では四十九日の法要までに購入するのが目安となっています。浜松には多くの仏壇店があります。先祖代々から続いている家ならば仏壇が既にあり心配することはありませんが、初めて亡くなった人が出た家は、購入するときに何を基準に選んでよいのか、費用はどれぐらいかかるものなのか、購入した後はどうすればよいのかなどわからないことが多くなっています。特に仏教の場合宗派によって色が変わることが多くなっていますので特に注意が必要になってきます。自分の宗派にあったものを選ぶことが重要になってきます。購入するときは知識を得てから購入するようにしてください。

宗派に合わせて購入してください

大きさや材料細工の仕方はいろいろで、それによって価格も違ってきます。特に色は宗派によって異なっています。仏教で葬儀をあげた人は自分がどの宗派で葬儀をあげたのか覚えておいてください。真宗系は金箔をあしらったもの、禅宗系は黒檀や紫檀のものがつかわれています。価格ばかりではなく大きさもよく考えて家のサイズに合ったものを購入することが大切になってきます。また四十九日までに用意することが浜松でも一般的ですが、それにこだわらないで家を改築や新築したときなどに購入しておけば、いざという時に仏事の費用が少なくて済んでしまいます。購入した後は未明けまでは使用しないで扉を閉じておいてください。もともと家にあったときは人がなくなったときに扉を閉めて、未明けまでそのままにしておくことが原則になっています。

購入した後も費用が掛かってきます

購入した後はどうすればよいのでしょうか。購入しただけではただの仏具にすぎませんから、開眼供養を行っていかなければなりません。開眼供養は魂入れとか入仏式と呼ばれていて僧侶を自宅に招いて、読経をあげてもらって開眼式を行います。四十九日の未明けには位牌を白木から塗り物に変えるときに行われる入魂供養も行っていきます。入魂供養が終わった塗り物の位牌は仏壇に納められることになり、白木の位牌はお寺に納められることになります。このような流れで未明けの供養は行われていきます。こうした流れを考えていくと四十九日の法要までに購入しておくことが最も便宜的ですし、また購入するときにはこれらの供養にも費用が掛かってくるということを、念頭において購入するようにしてください。